平凡な日々に、塩一摘み

hitotumami.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 24日 ( 1 )
|
|
2008年 03月 24日 |
運命」、普段なら絶対口にしない言葉です。
運命とは、必然であると言いますよね?
反対にタイトルの通り、
「運命は必然でなく、偶然で出来てる~♪」・・・なんて、歌もありますよね。
どちらが正しいかは、わかりません。
けど、たまには「運命」って言葉もあるのかなと思ってみたり。

「耳をすませば」、という映画があります。
昔から好きで、1年半前には実際に舞台となった場所に行ったりもしました。
小さい頃は憧れの土地だったし、実際に行って暮らしてみたいとも思ってました。
もし東京で就職するなら、この辺に住むのもいいかもと考えていました。
(ホントはする気はなかったのですがね)
あれから1年半。
地元での就職が叶わず、あっさり決まった東京で就職を決めた自分。
これも何かの縁だと思っていたのですが・・・。

4月からしばらく研修のため、寮に入ることになりました。
そんでもって地図で、場所を確認。
すると、ちょっとした事実が判明。

「耳すま」の舞台になった、「聖蹟桜ヶ丘」から一駅。
歩いていける距離ではありませんか!
先ほども書いたとおり、出来るならばあの辺りに住んでみたいと思っていました。
思わぬ形で、想いが実現したことになるのです。

1年半前に行った憧れの土地に、思わぬ形で再び訪れる事になろうとは。
そして、そこで生活するなんて!☆
これって偶然? あるいは、必然?
縁がある・・・というより、もっと強く見えない力が働いてるのかも?
ちょっとだけ「運命」という言葉を信じてみたくなった、今日の出来事でした。

・・・ちなみに「運命の人」には、未だ巡り合えません(>_<)
[PR]
頁とっぷ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
夕暮れ Skin by Sun&Moon